本文へ移動

ブログ

ブログ

コロナワクチン接種4回目???

2022-04-07
 新型コロナウイルスワクチンをめぐり、国が「4回目接種」の準備を進めている。3回目までと同様に「無料で行う方針」で、夏ごろに始まる可能性がある。厚生労働省は対象として3回目接種者全員を想定するが、「高齢者らの重症化予防を目的とすべきだ。一律接種は不要」と指摘する専門家もいる。コロナワクチンは、3回目接種から一定期間経過すると、オミクロン株への発症予防効果などが低下する傾向がある。4回目接種は、3回目から3~6カ月以上経過した高齢者らを対象に、イスラエルや英国、米国などで始まった。接種後に発症・重症化予防効果が上がった、との報告も出ている。厚労省は3月下旬、自治体に対し、3回目を受けた全員が対象となることを想定して、5月下旬をめどに接種準備を終えるよう通知した。間隔は3回目から「6カ月以上」を基本にしつつ、海外動向を見て検討を進める。

 ただ4回目接種の、一律実施には疑問の声も多い。データや知見が乏しいためで、厚労省専門家組織も「有効性・安全性の情報を収集し、対象者や開始時期を検討する必要がある」と指摘する。ということです・・・。

 厚生労働省によると、日本では現在、ファイザー社、武田/モデルナ社、及びアストラゼネカ社のワクチンが薬事承認されており、予防接種法における接種の対象となっています。アストラゼネカ社のワクチンは原則40歳以上の方「ただし、他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方」を対象としています。

 いずれのワクチンも、薬事承認前に、海外で発症予防効果を確認するための臨床試験が実施されており、ファイザー社のワクチンでは約95%、武田/モデルナ社のワクチンでは約94%の発症予防効果が確認されています。また、アストラゼネカ社のワクチンは、海外で実施された複数の臨床試験の併合解析の結果から、約70%等の発症予防効果が確認されています。一方、デルタ株については、従来のウイルスと比較してワクチンの効果が低下することが示唆されています。英国で行われた大規模な疫学研究では、ファイザー社のワクチンの発症予防効果は88%、アストラゼネカ社のワクチンの発症予防効果は67%と報告されています。また、承認後に実際に接種された人の情報を集めた研究等から、いずれのワクチンも、90%以上の重症化予防効果を示す報告等があります。

 無症状の感染を含めた、感染そのものを予防する効果感染予防効果」については、ファイザー社のワクチンを接種された人の情報を集めた米国での研究によると、12歳以上で、2回目接種後1ヶ月以内では88%であったところ、5ヶ月後には47%にまで有意に低下したとの報告があります。また、武田/モデルナ社のワクチンについても、2回目接種の約1~4ヶ月後ではおおよそ97%であったところ、その約4ヶ月後には8割程度にまで低下したという報告もあります。ここで、これらのデータは臨床試験と異なり、同じ条件の対照群を置くことが困難なこと等から、結果に偏り「バイアス」が生じやすいことに注意する必要があります。また、ワクチンの発症予防効果は100%ではないことを踏まえると、接種後も引き続き、感染対策を継続することが重要です。ということです・・・。

 「む~ん」・・・、結論的にはね、ワクチン接種の回数を重ねても、基本的な感染対策が必要ということになると思います(・_・)(._.)!!!。よく「ワクチン接種したから」もう大丈夫・・・、そんな感じで「開放感に浸る」方がいますが、少々見当がずれているのかも知れません。私個人的には、出来ることなら「注射はいやです(。・・)」ね!!!。早くこの感染症が、終息して欲しい・・・、そう思います!!!。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「54995人」が確認され、福岡県内で「2647人」、うち福岡市で「1026人」、北九州市で「515人」、久留米市で「166人」、その他県内で「940人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「4人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

春の交通安全県民運動

2022-04-06
 本日4月6日から4月15日までの期間、「春の交通安全県民運動」が実施されます。
 新年度の「交通安全県民運動」は、何と言っても「新一年生の入学」がありますから・・・、特に通学路での車の運転は注意が必要になりますね(・_・)(._.)。わたしも自宅付近に小学校があり、何度か「ヒヤッ」とした経験があります。周囲の安全確認なんか「ほとんどしない」ちびっ子ですから・・・、十分に注意してあげてください!!!。
 「子どもを始めとする歩行者の安全確保」、「歩行者保護などの安全運転意識の向上」、「自転車の交通ルール遵守の徹底と安全確保」、「飲酒運転の撲滅」の項目が実施要綱にあげられています。
 福岡県警の、4月の「交通安全カレンダー」です。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「54884人」が確認され、福岡県内で「2702人」、うち福岡市で「1217人」、北九州市で「557人」、久留米市で「199人」、その他県内で「729人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「7人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

Windows_11

2022-04-05
 ここ最近販売されている「パソコン」は、OSが「Windows」の場合は、その大半が「Windows_11」かと思います。一般ユーザー向けの「Windows_10」は、2025年10月14日にサポートが終了しますが、Windows_10のどのバージョンが最終的に2025年までサポートされるかは、2022年春時点では不明です。リリース後1年半というサポート期限を考えると、2023年秋が、「Windows_10」の最後のアップデートになる可能性もあります。

 「Windows_10」のサポート期限というのは、「機能の更新」、「セキュリティ」の対応などを行う期限の事です。その期限が切れても使う事はできますが、脆弱性などの改善が行われないため、インターネットに接続して使う事は危険です。つまり、「Windows_11」へアップグレードしなくても、最新の「Windows_10」を使い続ける限り、2025年10月14日までは問題なく利用できるという事です。現在の使用バージョンは「Windows」の設定、システム、詳細情報から確認できます。

 「Windows_11」は、すべての「Windows_10」のパソコンがアップグレードできるわけではありません。CPUやセキュリティ機能が対応している事など、いくつかの要件がありますが、2018年頃に発売されたパソコンがその分岐点となります。アップグレードできる場合は、無料で提供されているOSアップグレードを案内に従って、ダウンロードしてアップグレードします。対応機種ではない場合2025年までに新機種を購入しないと、それ以降はセキュリティアップデートがなくなるため、安全に使用できなくなってしまいます。アップグレードできる場合もできない場合も、「Windows_10」の設定、更新とセキュリティの画面にその案内が表示されています。

 以前も触れましたが、「企業向けのユーザー(link)」が、どれほどのこの「メジャーバージョンアップ」の恩恵を受けるのかが、いまひとつハッキリしていませんね(・_・)(._.)。ただ単純に「メーカーのサポート」の期限が切れるとか機械の性能が不足しているから「バージョンアップ出来ないとか、こういう状況では少々納得出来ない(--#)ものがあります(・_・)(._.)・・・。いかがなものでしょうか???。ちなみにわたしの場合は、自宅で使用している「デスクトップ」、事務所で使用している「ラップトップ」ともに買換えの対象となります( ̄0 ̄)・・・。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「45684人」が確認され、福岡県内で「1993人」、うち福岡市で「862人」、北九州市で「451人」、久留米市で「185人」、その他県内で「495人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「4人」となっています。感染者数・・・、相変わらずの横ばい状態で、感染者の年齢は一般的にいう若年層が半数程度とか、その影響を「被るのは高齢者」ですからね、基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします_(._.)_。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

日本への避難希望

2022-04-04
 ウクライナ避難民の受け入れに向け調整を進めている支援団体によりますと、来日を希望するウクライナ人からの連絡が相次いでいるということで、日本からの支援を期待する声が高まっています。

 長崎県でNPO団体を運営するウクライナ出身の、小野ヤーナさんと夫の一馬さんは、ウクライナからの避難民の受け入れにむけ、準備を進めています。2人のもとには、これまでにおよそ50組のウクライナ人から、来日を希望する連絡が入っているということですが、今回の政府専用機での来日については、外務省に問い合わせても情報を得られなかったと話します。現地では日本への避難を希望する人が、相当数いるということですが、航空券が高くて買えないほか、手続きの進め方が分からないという声が多いということで、もっと情報を周知してほしいとしています。ということです・・・。

 む~ん、日本も「ウクライナ」に対して避難民の方の受入れを表明した以上は、もう少し具体的な連絡先や申請方法など明確にしなければなりませんね(・_・)(._.)。そうでないとね、せっかくの好意もあまり意味がないように思います!!!。何と言っても「ウクライナ」は有事の真っ最中ですから・・・、スピード感こそが命であります。
 自宅近くの「小嵐山」も、山肌に桜の木が点在して「春の装い」となっています。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「30157人」が確認され、福岡県内で「1561人」、うち福岡市で「441人」、北九州市で「225人」、久留米市で「58人」、その他県内で「837人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「1人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

「ガードレールや蛇口」、金属高騰で盗難多発・・・

2022-04-03
 読売新聞社さんによると、ガードレールや蛇口などの、身近な金属製品の盗難が多発している。新型コロナウイルスの影響で、鉄を始めとした金属価格は高騰しており、多くは買い取り業者への売却目的とみられる。自治体はパトロールを強化し、業界団体は盗品の疑いがある場合は、扱わないなど対策に乗り出した。「現金に換えて生活費に充てていた」。この3月、「窃盗容疑で逮捕起訴」された千葉県柏市の古物商の男はそう供述した。起訴状では、男は栃木県真岡市で同月、ガードレール18点「時価40万6000円相当」を盗んだとされる。

 千葉県内では昨年12月以降、鉄製のガードレールや、ガードレール端部の湾曲した袖と呼ばれる部分の盗難が相次いでいる。県によると、県管理の国道や県道で3月8日までに14件「計約96万3000円相当」が確認された。ということです・・・。

 む~ん、これまた「アホの諸行」でありますね(・_・)(._.)・・・。
 桜も「散り始め」の時期となっています(。・・)・・・。幸いなことに、天候に恵まれて「降雨による」影響は避けることが出来ましたね(・_・)(._.)。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「47345人」が確認され、福岡県内で「2093人」、うち福岡市で「635人」、北九州市で「396人」、久留米市で「103人」、その他県内で「959人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「1人」となっています。新規感染者数が10日連続で、前週の同じ曜日を上回ったとのことです。基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る