本文へ移動

ブログ

ブログ

電力ひっ迫警報

2022-03-23
 東京電力と東北電力管内で22日、電力の需給がひっ迫し大規模停電が発生しかねない事態となった。福島県沖の地震による火力発電の停止に加え、両管内で3月下旬としては厳しい寒さに見舞われたことで、電力の使用量が当初予定していた供給力を上回った。夜間にくみ上げた水を放流する「揚水発電」の活用で何とか回避したが、綱渡りの状況は当分続きそうだ。

 政府は22日、東北電管内の東北地域6県と新潟県を対象に「電力需給ひっ迫警報」を発令し、企業や家庭に節電を要請した。前日に初めて発令された東電管内の1都8県に続く措置となる。警報は2012年、前年の東日本大震災で電力不足に陥ったことを機に作られた。電力の余力が原則として3%を下回る見通しになった場合、資源エネルギー庁が前日の午後6時をめどに発令する。今回の需給ひっ迫は、16日に福島県沖で起きた地震により、一部の火力発電所が停止したことが大きい。22日の気温低下で暖房などの電力需要が膨らみ、対応できなくなった。

 東電や東北電は22日、他地域の電力会社から電力の融通を受けたものの、供給不足を解消できなかった。当初は節電が広がらず、供給力に対する電気使用量の割合である電力使用率の速報値は、東電管内で午後2時台に107%東北電では午前9時台に100%まで上昇した。使える火力発電をフル稼働しても使用量を賄えない状態だ。東電は急な大規模停電を避けるため、100%を超える分を揚水発電の活用で補った。午後には、全面停電を防ぐため夕方以降に管内の一部地域で200万〜300万戸規模の停電が起きる可能性があると発表した。具体的な地域は、システムが機械的に判断するために事前に特定できないとした。

 萩生田経済産業相は午後2時40分ごろに緊急の記者会見を開き、「各産業界や家庭、職場でもう一段の更なる節電をお願いしたい」と呼びかけた。その後は企業や家庭で節電が広がったとみられ、午後8時台の使用率は東北電が96%東電が89%にそれぞれ下がった、ということです・・・。ちなみにこの警報は、本日の午前11時に「全面解除」となっています。

 そもそも電力というのは「蓄えが利かないもの」ですから、発電したものは送電してそのまま利用しないといけません。だからこういう事態になるのですが、地震の影響と寒の戻りが深刻な状況を作り出したとなりますね。考えてみるとね・・・、日本はこの発電の原動力となる「エネルギー資源」、そのほとんどを輸入に頼っています。現在進行形の「ウクライナでの有事」、これが長引いて、さらに「原油や天然ガス」が手に入りにくくなると、どうなるのですかね???。考えただけでも、恐ろしく( ̄0 ̄)なります。対象区域外に住んでいるわれわれも、今回のこの件は「対岸の火事」ではなくて、常日ごろから考えなくてはいけないのかも知れません・・・。
 「九州電力」さんが「ホームページ」で公開されている、揚水発電のイメージ図です。発電時は「上部調整池」から「下部調整池」に向けて放流し、水力にて発電します。夜間は逆に「下部調整池」にたまった水を、「上部調整池」にポンプにて戻して発電に備える、そういう動作の繰返しですね(・_・)(._.)。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「41038人」が確認され、福岡県内で「1696人 」、うち福岡市で「812人」、北九州市で「411人」、久留米市で「130人」、その他県内で「343人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「6人」となっています。む~ん、やはり昨日の「倍以上」ですか( ̄0 ̄)。まだまだ油断は禁物ですね(・_・)(._.)。基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。天気は、持直しそうです。いい話題は少ないですが、春を満喫しましょう(^0^)!!!。

名菓ひよ子

2022-03-22
 総合情報サイトの「All About」さんの記事によると、「吉野堂」の銘菓ひよこを食べる時に、「頭から食べる」、「お尻から食べる」というアンケート調査を、全国20〜70代の男女500人を対象に行ったそうです。そのうち「ひよこ」を食べたことがあると答えた方は「全体の95%」いたそうで、食べたことがあると答えた方に「どこから食べるか」聞いたところ、最も多かった回答は「あたま」、次いで「おしり」だったそうです。まぁ(^^ゞ・・・、どうでもいい話題ですが、わたしはやはり「あたま」から食べますかね。ほとんど、気にもしていません(^0^)!!!。

 この記事の中で、大学生の頃所属していたサークルに、博多出身の後輩がいました。その後輩が帰省した際、ひよこを博多土産だと持ってきてくれました。そこで反応したのは、東京生まれの東京育ちの先輩です。今すぐ東京土産のひよこを、買って来いと私に言ったのです。先輩の言うことですからすぐさま駅の売店まで、「東京土産のひよこ」を買いに行きました。「ひよこ」を買って戻ると、博多VS東京で「ディベート」が始まりました。アナウンス系のサークルだったので、二人とも弁が立ちます。白熱する二人を眺めながら食べる「ひよこ」は、博多も東京も変わらずとても美味しかったです。「46歳女性/群馬県」という、「ひよ子」をめぐる壮大な青春時代の思い出も。

 ほかにも、「福岡といえば銘菓ひよ子」。福岡にしかないと思っていた。東京にもひよ子があると知った時には「東京ひよ子って」パクリじゃね?、と家族で言っていました「40歳女性/福岡県」。福岡出身なので、東京土産としてひよ子を渡されると、気まずい気分になります「27歳男性/福岡県」など、「名菓ひよ子」が東京土産か福岡土産か、という論争は今後も続きそうですね・・・、ということです。

 これについては、「吉野堂」さんのホームページに正解が書かれています(・_・)(._.)

 大正元年(1912年)、当時の店主・石坂茂の想いから生まれたひよ子のかたち。「お菓子は生きものであり味は無限である」「商品は私たちの生命であり真心である」。ひよ子誕生以来、変わることのない精神を、私たちは、このひよ子のかたちと共に受け継ぎ、次の時代へと守り続けてまいります。

 ふるさとは、「筑豊の飯塚

 名菓ひよ子は、大正元年、お菓子づくりが盛んだった筑豊飯塚にうぶ声をあげました。炭坑で栄えていた飯塚では、働く人々のエネルギー源として甘いものが好まれ、また、東京や大阪との取引や往来が活発だったことから、手土産にお菓子が喜ばれていたのです。
 
 その飯塚で明治より続く菓子屋を営んでいた、二代目店主の石坂茂。チャレンジ精神旺盛だった彼は、大人にも子供にも愛される菓子を作りたいと願っておりました。そんなある夜、茂の夢の中に現れたのが「ひよ子饅頭」だったと、伝えられています。それはふるさと飯塚が、養鶏が盛んだったという背景もあるでしょう。しかしそれ以上に、滋養があり、美味しく、万人に愛されるお菓子作りを目指していた彼の想いが「ひよ子」を生み出したのではないでしょうか。試行錯誤の末に誕生した、立体形のひよ子は業界の常識を覆すもの。独創的で姿も愛らしく、たちまち人気者になりました。

 三代目の石坂博和のときには、昭和32年の酉年に福岡市に出店、一等地である新天町現在の天神2丁目」に店を構えました。ひよ子は博多でも人気を博し九州名物と言われるまでに成長しました。さらに日本一の菓子屋を夢見た博和は、昭和39年東京オリンピックを契機に東京へと目を向けました。東京ひよ子の誕生です。 昭和41年東京駅八重州地下街に東京1号店を出店、やがて東北新幹線開通とともに「東京土産」としても愛されるようになりました。

 ということで、発祥の地は「福岡県」ということになりますね!!!!!。でもね(^^ゞ・・・、聞くところによると日本全国どこでも買えるとか( ̄0 ̄)・・・。だからわたしはこの数十年「ひよこ」を、お土産に持って行ったことはありません_(._.)_・・・。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「20231人」が確認され、福岡県内で「770人 」、うち福岡市で「311人」、北九州市で「111人」、久留米市で「48人」、その他県内で「300人」、ということです・・・。おおっ(^^ゞ、かなり減りましたね~・・・、しかし連休明けの数字なので、楽観視はできませんか???。基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

春分(春分の日)

2022-03-21
 二十四節気の、4番目になります。よく昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるとされるが、日本においては実際には昼の方が14分ほど長い、また「春分の日」は、1948年「昭和23年」に公布・施行された国民の祝日に関する法律(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって制定された。同法第2条では「自然をたたえ生物をいつくしむ」ことを趣旨としている、ということです・・・。

 話は変わりますが「毎日新聞社」によると、新型コロナウイルスの感染拡大「第6波」では、高齢者施設で療養を余儀なくされ、死亡する人が全国各地で相次いだ。国は医療のひっ迫をしのぐため施設内療養を進めてきたが、東京都が公表したデータをもとに昨年夏の第5波のピーク時と比較すると、死者に占める施設内療養死の割合0.4%から15.8%へと上昇していた。全国的にも2月以降のクラスター「感染者集団」の発生場所は高齢者施設が最多となった。識者は現場対応の限界を指摘する。政府は当初、「感染した高齢者は原則入院」させる方針を掲げた。多くが基礎疾患を抱える高齢者は、重症化リスクが高いためだ。しかし、感染拡大で病床がひっ迫する事例が相次ぎ、国は昨年1月の通知で、感染対策や「必要時の診療」といった「前提条件」を満たせば、施設内で療養ができるようにした

 さらに今年に入り、新型コロナの変異株オミクロン株」が急速に拡大。一般診療が目詰まりする事態を避けるため、国は2月8日の通知で、今まで以上に施設内療養を活用する方向にかじを切った。しかし、第6波では施設内で死亡した高齢者が際立って多い。東京都が毎日公表している死亡者のデータを集計したところ、昨年夏の第5波で死者数が高止まりした2週間「9月5〜18日」に亡くなったのは246人で、うち高齢者施設で死亡したのは1人「0.4%」。一方、第6波での2週間「2月20日〜3月5日」に死亡した366人のうち、高齢者施設での死者は58人「15.8%」と、全体に占める割合が急上昇していた。施設で生活する高齢者は現在も、面会がオンラインや窓越しなど外部との接触機会は限られる。このため、ケアを担う職員が先に感染して施設内の高齢者に広がり、死亡するケースが目立つ、ということです・・・。

 この「オミクロン株」、当初は「重症化しにくい」なんて言ってましたけどね、やはり高齢者や基礎疾患を持った方には関係なく「重症化のリスク」がありますね。われわれも「まん延防止等重点措置」が解除されて、喜び勇んで「脳天気」になってはしゃぎまわるのは、当面の間控えたほうがいいかと思った次第です(・_・)(._.)。
 少々「タイミング」が遅くなりましたが、福岡県警察が毎月発表している「交通安全カレンダー」です。22日は「通学路での重点取締り」、25日は「飲酒運転の重点取締り」があるようです。取締り強化日に関係なく、「安全運転」のほど、よろしくお願いいたします。特に小学生の低学年の「ちびっ子」は、周囲の安全確認など気にしていない( ̄0 ̄)linkですからね、「かも知れない運転」をしてあげてください(_ _)。
 む~ん、予防接種のあとが「腫れて」、ひじょ~に痛くて、きのうの夜は「寝返りをするたび( ̄0 ̄)」に何回も目を覚ましてしまいました(。・・)。幸いなことに、「熱は今のところ」出ていませんが・・・。わたしは「痛いのは」嫌いですね(・_・)(._.)。しかもね・・・、痛くて「かい~」のですよ!!!。さらに左腕を動かそうとすると、「痛~い」のですから。あしたには「治って」もらうと、いいと思うのです。正直物をとるのも、難儀します!!!。

 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「27701人」が確認され、福岡県内で「1191人 」、うち福岡市で「214人」、北九州市で「193人」、久留米市で「45人」、その他県内で「739人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「5人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。今晩から明朝にかけて、雨もようの天気となりそうです。降雨中の車の運転は、視界も悪く歩行者も車の存在に「気が付きにくい」ですから、十分に配慮してください(_ _)。

コロナワクチン接種(三回目)

2022-03-20
 本日は三回目の「新型コロナワクチン接種」に行ってきた次第です(・_・)(._.)。わたしの場合は、最短での「空いている接種日」がきょうだったのと、あしたが「春分の日」で休日なので「好都合」でちょうどよかったですね。もしかしたら「副反応( ̄0 ̄)link」が出るかも知れませんから。
 会場は「小倉南区役所」別館の、「小倉南生涯学習センター」というところです。以前も触れましたが、わたしは大の注射嫌い( ̄0 ̄)でして、注射を打つ瞬間は「ついつい力」が入ってしまいます(^^ゞ・・・。本日も二回ほど、手間をとらせてしまいました(_ _)。「ど~しようもない」のです、勝手に体が反応してね。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「39659人」が確認され、福岡県内で「1762人」、うち福岡市で「405人」、北九州市で「326人」、久留米市で「123人」、その他県内で「908人」、ということです・・・。また「死亡者」は、きのうと同じく「3人」となっています。感染者数は相変わらずの「横ばい状態」ですが、基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。「高齢者」や「基礎疾患」のある方の命を、守って頂ければ_(._.)_・・・、と思います。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。あすの夕方から、あさっての午前中にかけては、再び雨もようの天気となりそうです。

ゼレンスキー大統領

2022-03-19
 ウクライナの「ウォロディミル・ゼレンスキー大統領」が米連邦議会で演説した際の服装について、「ウクライナ大統領はスーツを持っていないのか」と、批判した米経済評論家の意見に、世界中から非難の声が殺到しています。ゼレンスキー大統領が3月16日に、Tシャツ姿で米連邦議会でリモート演説を行った後、経済評論家のピーター・シフ氏は、Twitterに「大変なときなのは分かるが、ウクライナ大統領はスーツを持っていないのか」と投稿。「私は今の連邦議員をあまり尊敬していないが、それでも私だったらTシャツでは演説しない無礼を働きたくない」と述べています。ゼレンスキー大統領は過去にスーツ姿で公の場に現れたことがあり、演説でのTシャツ姿は有事のためと考えられます。「大変なときなのは分かるが」と一言添えながらも、ウクライナの事情を無視したかのような「シフ氏の言葉」に、世界中からあきれる声が寄せられています、ということです・・・。

 む~ん・・・、世の中にはさまざまな考えを持つ方がいますが、これは批判されても致し方無い・・・。ウクライナは国の存続をかけた「有事の真っ最中」ですから、しかも彼はその国のリーダーであり、スーツ姿では「機敏な動作」はなかなか難しいものがあると思います。敵の侵攻から国を守るため、着替える時間も「むだにしたくない」そんな状況下での演説ですからね。しかもね・・・、彼はその戦渦においてもなかなかの行動派であり、「みずからその前線に立って( ̄0 ̄)います」から、なおさらのことでしょう。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「44711人」が確認され、福岡県内で「1970人」、うち福岡市で「595人」、北九州市で「383人」、久留米市で「137人」、その他県内で「855人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「3人」となっています。

 あすの日曜日は、「春の雨も中休み」となりそうですね(^0^)!!!。 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る