本文へ移動

ブログ

ブログ

モビごと(その6)!!!

2024-02-20
NEW
 前回からの続き・・・。
 ナビゲーションシステムは、12.3Inchのディスプレーオーディオ「コネクテッドナビ対応」Plusという、わたしからは理解の困難なもの( ̄0 ̄)となっています。この「ディスプレーオーディオ」なるもの、私個人的にはあまり好きではありません(・_・)(._.)。おまけに「CD、DVD、Blu-ray」再生のスロットもなぜか今回から廃止され、さらにオプション設定もありませんからね~( ̄0 ̄)(--#)・・・。
 スマホの「置くだけ充電」は、今回から縦型に変更になったようです。充電スピードは、かなり高速になったような感じではあります(・_・)(._.)。厚手のスマホも、問題なくセットすることが出来ます(^0^)。
 エアコン関係のスイッチの配置については、直感的に理解しやすく、わかりやすいものとなっています。ただね・・・、車両の「起動スイッチ」がステアリングの左側に配置変更となったこと( ̄0 ̄)・・・、これは頂けませんね。従来は必用にステアリングの右側にこだわってきたのに、なぜここでそれを覆すのか・・・、結構重要な事項ではあります(・_・)(._.)。わたしは従来からの習慣でステアリングの右側を・・・、思わず右の人さし指を突き指しそうになりますね(^^ゞ~。
 まぁ・・・、このクラウンも今回のモデルから「グローバルモデル」となり、わが国固有のさまざまなじゅ縛から脱皮しなくてはいけない事情があることは、言うまでもありません(・_・)(._.)。車両の全長も5mを越え、全幅も1.89mと前代モデルを大幅に超えていますね。だから装備面もそのグローバル化を前提として、標準化したということでしょう・・・。

 しか~し( ̄0 ̄)、いままでのユーザーとしては、わたしみたいな高齢者としては、なかなかついていけないのも事実。過去にも紹介しましたが、古きよき時代の車が思い出されたのは事実であります(・_・)(._.)。これから10数年後、いや数年後、市販の車はどのような進化を遂げていくのか・・・、興味が尽きませんね!!!。

 次回へ続く・・・。
 週間天気、季節が一変したかのような真冬の寒さ、冷たい雨や雪に!!!
 「ウェザーニュース」さんによると、ここ数日の季節外れの暖かさから一変して、この先は各地で冬の寒さが戻ります。また、今週はこの時期にしては珍しく長雨となり、雨の強まるおそれがあります。ということです・・・。






「ウェザーニュース」さんのホームページから。
 週中から以降は、気温も平年並みに「トーンダウン」ということですか???。体調管理を、しっかりとしたいものですね。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

モビごと(その5)!!!

2024-02-19
NEW
 前回からの続き・・・。
 この車両には、「外部給電アウトレット」なるものが装備されています。災害時などの停電時に、住宅や施設に電力を供給するためのものです。まぁ・・・、最も別売りの「DC-ACコンバーター(外部給電器)」が必要なのですが、およそ「DC9Kw」の電力供給が出来るとのことです。
 この「DC9Kw」というのは、一般的な4人家族の1日の電力消費量ということで、考えて頂ければいいと思います(・_・)(._.)。その条件で、2日程度は賄えるらしいのですが、そういう条件下において動力源である「水素」を補給できるかどうか・・・、いささか疑問ではありますね~。出来るならば、そういう災害時の利用は避けたいものですが、ここ最近は自然災害が全国各地で頻発していますから、心配にはなりますね~。
 「インバーターユニット」は、ハイブリッド車とほぼほぼ違いは無いようです。
 ブレーキ装置も、内燃機関が無く「モーター駆動」なので、やはり「マスターバック」は存在していません。車載コンピュータによる制御で、この「ブレーキペダル」の操作は電気信号として「車載コンピュータ」に伝えられるだけで、実際にブレーキに必要な油圧は、すべて「車載コンピュータ」任せということです。ハイブリッド車、と同じ方式です。でもね・・・、「ブレーキのフィーリング」はものすごく向上しました(゚o゚;。ほんとうに「踏んだ分だけ」効くというフィーリングは、すばらしいものがあります(・_・)(._.)。
 操作ペダル関係の配置は、従来からのクラウンの王道を踏襲するもので、わたし個人的にはまったく問題はありません(・_・)(._.)。これでここ近年よくある「踏み間違い」があるならば、速攻で運転免許を返上しましょう。
 わたし個人的に頂けないのが、この「シフトレバー」であります(--#)。従来型のクラウンは、「トランスミッション」をダイレクトに操作するレバーを採用していましたが、今回からはこのような「電気式タイプ」に変更されています。これが実に操作しにくくて、シフトミスの元凶( ̄0 ̄)になっていますね~。まぁ・・・、慣れればいくらか改善されるものと思いますが、どうも「直感的な操作」とはいかない(。・・)・・・、それが少々気になります(・_・)(._.)。
 次回へ続く・・・。

 いやいや、きょうは結構な雨が降りましたね~。わたしの自宅付近の「アメダス観測地点」での24時間降水量は、「30mm」となっています。この時期としては、結構な降水量と思います(・_・)(._.)。あしたの夜からあさってにかけては、またまた結構な本降りの雨となりそうです。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

春の陽気でした!!!

2024-02-18
NEW
 きょうは、晴れて気温も上昇して、過ごしやすい一日となりましたね(^0^)。でもね・・・、あしたからはまたまた、ぐずついた天気が続くということです。特に週中は、雨の降り方に注意しなくてはいけない天気( ̄0 ̄)になりそうです。これはわたしの自宅付近にある、いつものごと「小嵐山」を撮影したものです。まだまだ紫川の河川敷は冬景色ですが、山はもう春の様相を・・・、そんな感じを受けました(・_・)(._.)。
 春本番の暖かさから一転、週中頃から冬の寒さが続く!!!
 「ウェザーニュース」さんによると、今日は全国的に4〜5月並みの季節外れの暖かさとなりました。ただ、週の中頃からは前線が本州の南の海上まで南下して、北から真冬の空気が流れ込んでくる見込みです。各地の最高気温は明日19日(月)〜明後日20日(火)にかけて、平年よりも大幅に高い予想となっています。





「ウェザーニュース」さんのホームページから。
 明日の札幌市は14℃と、2月として過去最高気温を更新する可能性が高く、明後日は東京都心で22℃まで上がる予想です。21日(水)になると、真冬の空気が流れ込んで全国的に気温が下がり、札幌市や新潟市は平年よりも低くなるとみられます。23日(金)・天皇誕生日は関東から西日本でも真冬の寒さとなり、東京都心は真冬並みの7℃まで下がる見通しです。

 25日(日)にかけての三連休は、全国的に平年並みか平年より低くなります。春本番の暖かさから一転して真冬の寒さに戻りますので、体調を崩さないよう十分に注意をしてください。ということです・・・。

 む~ん( ̄0 ̄)、気温の変化に十分注意して、また体調管理をしっかりとしたいものです。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

たこ焼きは「いか」でやったらダメなのか???、たしかめた結果、真理にたどり着いた!!!

2024-02-17
 「ロケットニュース24」さんによると、かねてから疑問に思っていたのだが、たこ焼きの具材はイカではダメなのだろうか???。同じことが気になっている人は他にもいるようで、たとえばライターの、K.Masamiは2023年9月公開の記事で検証している。しかし、これは自分の舌で確かめないと気が済まない。なにせ、私(佐藤)は、たこよりもイカの方が断然好きだ。きっとイカにした方が美味いに決まっている!!!。

 というわけで、イカを具材にしたたこ焼き・・・、いや、イカ焼きを作ってみたところ、真理にたどり着いたのだった。

 ・イカでもいいんじゃないか???

 早速、たことイカをそれぞれ調達しようと買いに出かけたところ、意外と苦戦した。どこででも買えそうなものだが、たこはあるけどイカはなかったり、イカはあるけどたこがなかったりで、3〜4軒のスーパーを回って、ようやく2つを買い求めることができた。大概のスーパーにあるイカは、「イカそうめん」なんだよね。たこ焼きにするのに、イカそうめんは向かん・・・。

 さらにたこ焼き粉などを調達して、調理開始。まずは卵と水、たこ焼き粉を合わせて生地を作り、たこ焼き器に流し込む。紅しょうが・ねぎを散らして、たこ・イカをそれぞれ放り込み、あとは頃合いを見てひっくり返して、焼き上がるのを待つだけだ。そういえば伝え忘れていたが、私はたこ焼き素人である。西日本(島根県)出身とはいえ、粉もの文化圏(関西)の影響をまったく受けていないので、たこ焼きもお好み焼きも馴染が薄く、こだわりもない。

 そんなわけで適当に粉を合わせたもんだから、なんかたこ焼きっぽくないものができてしまった。ベビーカステラみたい、でんがな。カットしてみると、生地がフカフカ過ぎた。おそらく水が少なすぎて、パン生地みたいな仕上がりになってもうたやんけ。コレはコレで美味しいけど、本来の主旨に反するので、ちゃんと計量して作り直すことに・・・。

 改めて粉と水を正確に計った上で、試作を作って生地の具合をたしかめておこう。今度は良い感じで焼けてるみたいやな。カットしてみると、さっきよりもずっといい。水の量は分量通りだけど、もう少し水を足しても良いんやろか???。関西の人、どないでっしゃろ???。とりあえず、この生地で行きましょう。1回失敗しちゃったから、たこ焼きを焼くのに、丸1日を費やしてしまった。正直、舐めてました。たこ焼き難しい・・・。

 今度こそ、ちゃんと焼けた。さて、私ひとりでは食べ比べを評価するのに心細いので、大阪出身の中澤星児にも意見を求めることにした。たこ焼きの出来栄えについて中澤は、「悪くないっすね。ちょっと焼きすぎかも。もっと早めに上げちゃった方が、中がトロトロで美味しくなると思います。これでも悪くないっすけどね」と、1日を費やして苦戦した私の労をねぎらってくれた。たこ焼きは遜色のないものに仕上がったと考えていいだろう。

 それで本題のイカ焼きを食べたところ、「物足りない」と感じてしまった。正直、イカの存在感があまりない。油断すると、イカを認識する前に飲み込んでしまったりする。私の想定では、たこよりも美味くなるはずだったのだが・・・。中澤いわく「多分、たこの方がイカよりも歯ごたえがあるから、それで美味しく感じるのかもしれないですね。イカは柔らかすぎるんじゃないかなあ」。

 なるほど!!!、つまりたこ焼きは、生地のトロトロとたこのコリコリがあるからこそ美味いのか。ってことは、もっと歯ごたえのあるものなら、たこをしのぐ美味さを実現できるかも。そんなわけで、「さきいか」と「焼ほたて貝ひも」、2つの珍味を買ってきた。これならたこを超えられるんじゃないの???。

 再度たこ焼き器に生地を流し込み、さきいかと貝ひもを投入して焼き上げた。これらは「さきいか焼き」、「貝ひも焼き」ってことになるのかな???。食べてみると、さきいかは細すぎて、トロトロ生地の中で泳いでしまってどこに行ったかわからなくなってしまう。具材は塊じゃないと、ふさわしくないようだ。一方の貝ひもはかなりいい線行ってる。もうひと押し、といったところだ。きっとホタテの干し貝柱なら、たこに打ち勝つに違いない。ただし、コストパフォーマンスはとても悪くなりそうだが。

 ・真理

 ということで、たこ焼きはたこの歯ざわりがあるからこそ美味しく感じるとわかった。それと同時に「たこ焼き」は料理として完成されていて、美味しさに疑問を挟む余地がほぼない。つまりたこ焼きはたこでやるのが1番イイ。とはいえ、きっとつけ入る隙があるに違いない。魚介類で対抗する必要もないのだから、あらゆる食材で試せば、きっとその牙城を崩せるはず。いずれまた何かで挑みたいと思う。「たこ焼き」からたこを引きずり下ろしたい。ということです・・・。

 ははっ(^^ゞ、わたしもね・・・、この「イカ」を中に入れて作ったことがありますが、決してお勧めはしません( ̄0 ̄)。あまり歯ごたえが無くて、おいしくなかったですね~。まぁ・・・、考えてみれば中の具材は何でもいいように思いますが、やはり「たこ焼き」というくらいですから、「タコ」が最適なのでしょう(^0^)。
 明日は全国的に気温上昇、福岡は20℃予想!!!
 「ウェザーニュース」さんによると、明日は春の暖かい空気が日本列島を広く覆うようになります。昼間は全国的に暖かくなりそうです。予想最低気温は福岡で7℃、大阪は10℃、東京は7℃、札幌は−2℃で、関東から西日本は朝の冷え込みも控えめになる見込みです。予想最高気温は福岡で20℃、高知は19℃、大阪は18℃で、西日本は春本番の陽気となります。名古屋は16℃、東京は16℃と、東海や関東は雲が多くても過ごしやすい体感となりそうです。仙台は13℃、札幌は7℃など、北日本も昼間の寒さはありません。

「ウェザーニュース」さんのホームページから。
 スギ花粉が、多く飛散のおそれ!!!
 各地で過ごしやすい陽気になり、西日本と東日本では花粉の飛散が多くなる予想です。花粉の飛散量は、福岡や熊本など九州を中心に「非常に多い」予想のところがあります。松山や松江は「多い」、東京都心でも「やや多い」予想となっており、各地で花粉シーズンを迎えています。花粉症の方は、万全な対策をしてお出かけください。ということです・・・。




「ウェザーニュース」さんのホームページから。
 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

西島秀俊に阿部サダヲ、ベテラン男優の「おじさんドラマ」急増の裏に、「日曜劇場」の転機!!!

2024-02-16
 「週刊女性PRIME」さんによると、近年、ベテランの男性俳優をメインキャストにした、いわゆる「おじさんドラマ」が急増している。1月クールだけ見ても、西島秀俊主演の「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」(TBS系)や、原田泰造主演の「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(フジテレビ系)、田中圭や吉田鋼太郎らが出演する「おっさんずラブ−リターンズ−」(テレビ朝日系)など、各局で花盛り。

 おじさんドラマの源流

 「昨年の10月クールにも、西島秀俊さんと内野聖陽さんの「きのう何食べた?」などがありましたし、ここ数年で確かに増えてきています。その源流は、TBSとテレビ東京にあるんじゃないでしょうか」。こう話してくれたのは、ドラマウォッチャーで漫画家のカトリーヌあやこさん。そのひとつがTBSの日曜劇場にあるという。

 「1990年代は、フジの月9に代表されるようにラブストーリーが主流だったんですけど、日曜劇場だけはおじさんドラマをやり続けていた。例えば、田村正和さん主演の「カミさんの悪口」などのホームドラマとか、日曜の夜にお父さんのオアシスのようなドラマをやっていたんです。それが、2000年代になり木村拓哉さんの登場で、「ビューティフルライフ」に始まり、中居正広さんや滝沢秀明さんらが主演を務めたりと、一気に若返ったんです」(カトリーヌさん、以下同)。

 ベテランの安心感

 そんな中、ターニングポイントとなったのがこの作品。

 「2000年終わりごろから、恋愛ものが少し飽きられ、刑事ドラマや医療ドラマが増えてきた中で登場したのが、2013年の「半沢直樹」。このドラマのヒットにより、新たな鉱脈を見つけ、その後の「VIVANT」などもそうですが、骨太のベテラン俳優をメインに据えた作品が多く作られるようになった。それにより、滝藤賢一さんとか名バイプレーヤーがたくさん発掘されるようになり、各局に広まっていったのが、おじさんドラマが増えた一因だと思います」。

 2012年にスタートしたテレビ東京の「孤独のグルメ」も、おじさんドラマの火つけ役、とカトリーヌさん。「この作品で、松重豊さんが注目され、2017年放送の遠藤憲一さんとかベテラン俳優ばかりを集めた、「バイプレイヤーズ」につながり、おじさんドラマがさらに注目されるようになっていくんです。やっぱりベテランの方って、演技力に安定感があるじゃないですか。だから、難しめのテーマでも任せておけば大丈夫という安心感もある。制作サイドとしても使いやすいのが理由じゃないでしょうか」。

 今年4月には、NHKで野間口徹主演の「VRおじさんの初恋」がスタート。ますます広がりを見せる、おじさんドラマの今後とは?。

 「今は価値観の、アップデートが叫ばれる時代。TBSで放送中の昭和と令和のギャップを描いた、阿部サダヲさん主演の「不適切にもほどがある」、みたいなおじさんドラマは今後も増えていくと思います。ドラマの視聴者層も高齢化していますから、なじみのあるベテラン俳優のほうが安心して見られる。かつてのトレンディー俳優も、もうおじさんですから。それこそ、反町隆史さんと竹野内豊さんで、「ビーチボーイズ」ならぬ、「ビーチオジサンズ」をやったら、今の時代にマッチして面白いんじゃないでしょうか(笑)」。ということです・・・。

 なるほどね( ̄0 ̄)~、「おじさんパワー」全開ということでしょうか???。確かに「安心感」を視聴者に与えるのは、熟練した年齢の俳優さんが一番適していると思いますね(・_・)(._.)。ますます頑張って頂きたい・・・、
そう感じました。
 来週は梅雨のような天気に、2月としては記録的な大雨のおそれも!!!
 「ウェザーニュース」さんによると、来週は前線が本州付近に停滞し、西日本や東日本を中心に梅雨のような天気になる予想です。雨雲が発達して、太平洋側では2月としては記録的な大雨となるおそれもあります。






「ウェザーニュース」さんのホームページから。
 週明けの19日(月)は前線が日本海から南下し、西日本や北日本で次第に雨が降り出します。日本の東の海上に中心を持つ高気圧との間で等圧線が混み合うため、全国的に南西の風が強まる予想です。前線は、20日(火)〜22日(木)にかけて本州付近に停滞するとみられます。また、22日(木)頃は、前線上の低気圧が通過する予想です。このため、東北南部から九州は、雨や雪の日が多くなります。ということです・・・。

 む~ん( ̄0 ̄)、2月なのにまるで梅雨時期みたいな天気が続くということですか???。ことしの四季も、乱れそうな気がしますね(。・・)。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る