本文へ移動

ブログ

ブログ

Emotet(エモテット)その後

2022-04-11
 以前紹介しました「Emotet(link)」ですが、最近のEmotetの傾向は、送信者は、必ずしもメールアドレスと表記が一致しない場合があります。例えば、メールアドレスはsuzuki.ichiro@xxxx.yyyyとなっていても、日本語表記は田中太郎」となっているケースが多く確認されています。田中太郎は、「Emotet」がよく使用する受信者名です。件名は受信者の名前が入るケースが多く確認されており、これにはローマ字だけでなく、漢字の表記も存在します。例えば、「田中太郎」や「Re:田中太郎」と表記されているなど。ユーザーが過去にやり取りしたメールの件名を使うものも多く確認されており、ターゲットの心理を突き、メールを開かせやすいように工夫されていることがわかります。

 添付ファイルは、前述のように「日本のビジネス」でよく使われるファイル名の法則を利用しているようです。また、数字.zipというパターンも多く、さらに桁数などは一定でなくて、さまざまな形式が確認されています。なお、添付ファイルの代わりにメールの本文にあるURLリンクからEmotetをダウンロードさせる手法もありましたが、現在は確認されていません。ただし、直近では短いサイクルで特徴が変化しています。例えば、2022年1月はメール本文にURLリンクを記載する手法が多く使われていましたが、2月になると影を潜め、添付ファイルを使用するケースが主流になったようです。3月には添付ファイルのファイル名の規則が変わっており、サイバー攻撃者もさまざまな手法を試し、試行錯誤を繰り返していると考えられます。今後も気が抜けない状況が続きそうですね。

 まったく話題は変わりますが・・・、「一般社団法人共同通信社」さんによると、厚生労働省は歯科の治療で使う銀歯に関し、医療機関が受け取る診療報酬として決まっている「公定価格」を5月に臨時的に引き上げる方針を固めた。銀歯の材料の一つ、「希少金属パラジウム」はロシアが主要産地で、ウクライナ侵攻による供給不安で高騰。歯科医が業者から仕入れる市場価格が、公定価格より高くなる赤字状態を解消する狙い。患者が窓口で支払う負担は増す。関係者が11日、明らかにした。ということです・・・。む~ん( ̄0 ̄)、うかうか「虫歯の治療」も受けるのが難しい時代が来たようですね(・_・)(._.)。でもね・・・、「銀歯」というものは最近は「あまり見ない」ようにも感じます(・_・)(._.)。わたしの幼少のころはね、「金銀パール」ではありませんが、「光り輝いた此の手の被せ物輝かせていた方々を、よく拝見したものですが・・・。

 また「日本気象協会」さんによるときょう11日、岩手県では、昼前に気温が30℃以上になった所がありました。全国的に最高気温は平年より高いでしょう。体がまだ暑さに慣れていない時期です。春の熱中症にご注意ください。ということです・・・。これも少々驚きの気温ですが、岩手県はつい最近まで雪が降っていた地域ですから、今の時期は季節の変わり目で体調も崩しやすいので、十分に注意して頂きたいと思います!!!。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「33205人」が確認され、福岡県内で「1633人」、うち福岡市で「456人」、北九州市で「244人」、久留米市で「54人」、その他県内で「879人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「3人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

ホッとする風景

2022-04-10
 きのう気が付いたのですが、わたしの自宅付近の紫川に毎年恒例の「こいのぼり」が掲揚されました(^0^)!!!。暖かい春の陽気も手伝って、ホッとした気分になったのは言うまでもありません(・_・)(._.)・・・。
 いつもの「アングル」からの撮影です。5月5日に向けての掲揚でありますね!!!。国道322号線の「桜橋」をまたいでこの「こいのぼり」は掲揚されていますが、上流側のほうが「その数」は多いです。思わずわたしはこの下流側の位置から時間にして30分ほど、見入ってしまいました(・_・)(._.)。
 本日は風がほとんどない状態で、こいのぼりも「だれだれ~ん」と垂れ下がっていますが、一転して風が比較的強い日は「たくましい泳ぎを披露」してくれるんです(^0^)!!!。
 「こいのぼり」を支える支柱です。ふとわたしは、「最低地上高」は大丈夫だろうか???、なんて心配しましたが・・・、ちょいと「またまた」無用の職業病が出た次第です(_ _)。
 ここ数日は、初夏を思わせるような陽気が続いています・・・。日中は汗ばむほどの気温ですね(・_・)(._.)。1日を通しての寒暖差は、10℃前後になっていますから、体調管理のほど、よろしくお願いいたします。む~ん、あすからまた仕事ですね( ̄0 ̄)!!!。頑張っていきましょうか???。

 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「49172人」が確認され、福岡県内で「2376人」、うち福岡市で「755人」、北九州市で「419人」、久留米市で「160人」、その他県内で「1042人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「2人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

ふだん気にしていない地震の回数

2022-04-09
 期間としては、2022年03月10日15:30~2022年04月09日15:30までの間ですが、実に「地震観測回数」272回、「震度3以上の地震観測回数」34回、「地震規模の最大」はM7.4(3月16日23:36頃)震源は福島県沖となっています。幸いなことに「九州地方」においては、この地震の回数はほとんどと言っていいくらい、確認できませんね(・_・)(._.)。しかしそれは、ただの偶然かも・・・。
 む~ん、日本地図に表わすと「ひと月の間」に、これだけの数の地震が発生しているんですね(゚o゚;!!!。九州地方には「あまり関係ない」と思っているわたしたちも、いつ地震が発生するのかわからないから、その対策をしておく意識を持たなくてはいけないのかも知れません(・_・)(._.)。





日本気象協会さんのホームページから。
 日本気象協会さんによりますと・・・、

 大きな地震が発生した際は、想像以上に身動きがとれなくなります。地震発生時に焦らないように、いまできる対策をまとめました。まずは、家の中の安全確認を行っておきましょう。家具を正しく固定できているか確認を。転倒防止の器具を設置していても、正しい使用方法でないと効果がないこともあります。棚の上など、高いところに物を置いておくと地震などの際に落下してきて危険です。上に軽いもの、下に重いものを収納するようにしましょう。窓ガラスなどの大きなガラスには、透明の飛散防止フィルムなどを貼っておきましょう。カーテンを閉めておくだけでも効果はありますので、就寝するときにはカーテンを閉めるようにしましょう。

 寝ている場所の近くには、スリッパやスニーカー「使用していないきれいなもの」を置いておきましょう。ガラスの破片や床に散乱したものを踏まないようにするためです。メガネやスマートフォン「携帯電話」といった生活必需品、災害避難時の行動に必要となるものは、就寝時は枕元においておくようにしましょう。特に、夜間に大きな地震が発生すると、停電などで周囲が見えない中で安全確認をしながら、避難行動に移す必要が出てきます。日中だけでなく、夜の地震も想定して、日ごろから対策をしておくと良さそうです。いざという時に必要になりそうなものは日頃からストックするようにしましょう。緊急時に必要な食べ物は、賞味期限の近いものから食べていき、食べた分を補充するようにしましょう。

 また、避難時にはスニーカーなど底が厚めで歩きやすいものが安全です。被災時にもすぐに取り出せるところに準備しておくようにしてください。いざ、大きな地震がきた際に、慌てないためには事前の対策が必要です。ゆっくりと見直しができる今のうちに、非常用持ち出し袋に不備がないかどうか、確認をしておきましょう。

 む~ん( ̄0 ̄)・・・、困ったことにわたしはこのほとんどが出来ていません(。・・)。これはね、ひじょ~に危険な状態ですね(・_・)(._.)。でもね・・・、何から手をつけたらいいのか、そんな感じです。特にこの「北九州市」においては、ここ近年「大きな自然災害の発生は数えるくらい」しかありませんから、大半の方はこの対策については「手つかずの状態」になっていると思います!!!。
 
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「52741人」が確認され、福岡県内で「2734人」、うち福岡市で「909人」、北九州市で「501人」、久留米市で「199人」、その他県内で「1125人」、ということです・・・。わたしの身近なところでも、新規感染者が確認されています。さらなる基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

中国で人気の性格診断「MBTI」???

2022-04-08
 星座はこれまでずっと、人付き合いの中で若者に最も人気の話題だった。それが今、「MBTI」に取って代わられそうになっている。両者の間には多くの違いがあるのだが。

 「MBTI」は新しい「ネットスラング」ではなく、性格診断テストの英語表記の頭文字を取ったものだ。MBTIとは「Myers-Briggs Type Indicator(マイヤーズ=ブリッグス・タイプ指標)」という名称の、自己申告型の性格診断テストのことだ。人々がどのように外界に接し、判断をし、ものを見るかなどの心理活動のパターンや性格のタイプを測定し分類する。「MBTI」は個人の行動の特徴を、興味関心の方向、外界への接し方、判断の仕方、ものの見方の4つのポイントによって分類する。4つのポイントの選好を組み合わせると、人の性格は16タイプに分かれる。現在流行中の「MBTI」16タイプ性格診断テストでは、16タイプを分析家、外交官、番人、探検家の4大タイプに分類する。

 「MBTI」はなぜ、人気があるのか。一般的に言われているのは、操作が簡単で、拡散しやすいというものだ。同時に、「MBTI」は「アンケート調査のようなもの」、回答を利用して個人を診断するのではなく、決定権はテストを受ける側にあり、1人1人が自分の発信した情報に基づいて、自分の性格がどのタイプかを探求し判定する。「MBTI」は人気があるが、学術分野ではいつも議論の的になってきた。学者の中には「このテストの信用度と効果はそれほどでもない」、という人もいれば、「テストの結果説明は記述があいまいで、一般的なことばかりがゆえに誰にでも当てはまる」という人もいる。しかし「MBTI」は相対的に簡単で、あいまいな部分があるからこそ流行した。特にSNS時代の中、人はしばしば「MBTI」を用いて自分を表現したり、情報を共有したり、人と関わったりしてきた。

 「MBTI」は登場して以来、しばしば企業の採用活動や人々のパートナー探しに利用されてきた。しかし、企業が「MBTI」で応募者をふるいにかけることや、個人が「MBTI」を利用してキャリアアップを計画したり、パートナーを探したりするのは大丈夫なのだろうか。慎重な態度を取るネットユーザーが少なくない。「心理テストはある面で参考になるという程度のもので、判断には利用できない。ましてや専門家でなければ、さまざまな概念の理解において極めて大きなずれがある」という人がいれば、「SNSプラットフォーム」で楽しんでいるだけという人もおり、「自分を認識する1つの方法に過ぎない」。参考程度のもの、とする人もいる。ということです・・・。 「む~ん」わたしには、サッパリ意味がわかりませんが(^^ゞ、「MBTI」ではないものも多数Webサイト上で紹介されていて、どれが本物かわからなくなっているのも、また現状のようです・・・。まぁ、参考程度にということですね(・_・)(._.)。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「51953人」が確認され、福岡県内で「2876人」、うち福岡市で「1067人」、北九州市で「540人」、久留米市で「167人」、その他県内で「1102人」、ということです・・・。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

コロナワクチン接種4回目???

2022-04-07
 新型コロナウイルスワクチンをめぐり、国が「4回目接種」の準備を進めている。3回目までと同様に「無料で行う方針」で、夏ごろに始まる可能性がある。厚生労働省は対象として3回目接種者全員を想定するが、「高齢者らの重症化予防を目的とすべきだ。一律接種は不要」と指摘する専門家もいる。コロナワクチンは、3回目接種から一定期間経過すると、オミクロン株への発症予防効果などが低下する傾向がある。4回目接種は、3回目から3~6カ月以上経過した高齢者らを対象に、イスラエルや英国、米国などで始まった。接種後に発症・重症化予防効果が上がった、との報告も出ている。厚労省は3月下旬、自治体に対し、3回目を受けた全員が対象となることを想定して、5月下旬をめどに接種準備を終えるよう通知した。間隔は3回目から「6カ月以上」を基本にしつつ、海外動向を見て検討を進める。

 ただ4回目接種の、一律実施には疑問の声も多い。データや知見が乏しいためで、厚労省専門家組織も「有効性・安全性の情報を収集し、対象者や開始時期を検討する必要がある」と指摘する。ということです・・・。

 厚生労働省によると、日本では現在、ファイザー社、武田/モデルナ社、及びアストラゼネカ社のワクチンが薬事承認されており、予防接種法における接種の対象となっています。アストラゼネカ社のワクチンは原則40歳以上の方「ただし、他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方」を対象としています。

 いずれのワクチンも、薬事承認前に、海外で発症予防効果を確認するための臨床試験が実施されており、ファイザー社のワクチンでは約95%、武田/モデルナ社のワクチンでは約94%の発症予防効果が確認されています。また、アストラゼネカ社のワクチンは、海外で実施された複数の臨床試験の併合解析の結果から、約70%等の発症予防効果が確認されています。一方、デルタ株については、従来のウイルスと比較してワクチンの効果が低下することが示唆されています。英国で行われた大規模な疫学研究では、ファイザー社のワクチンの発症予防効果は88%、アストラゼネカ社のワクチンの発症予防効果は67%と報告されています。また、承認後に実際に接種された人の情報を集めた研究等から、いずれのワクチンも、90%以上の重症化予防効果を示す報告等があります。

 無症状の感染を含めた、感染そのものを予防する効果感染予防効果」については、ファイザー社のワクチンを接種された人の情報を集めた米国での研究によると、12歳以上で、2回目接種後1ヶ月以内では88%であったところ、5ヶ月後には47%にまで有意に低下したとの報告があります。また、武田/モデルナ社のワクチンについても、2回目接種の約1~4ヶ月後ではおおよそ97%であったところ、その約4ヶ月後には8割程度にまで低下したという報告もあります。ここで、これらのデータは臨床試験と異なり、同じ条件の対照群を置くことが困難なこと等から、結果に偏り「バイアス」が生じやすいことに注意する必要があります。また、ワクチンの発症予防効果は100%ではないことを踏まえると、接種後も引き続き、感染対策を継続することが重要です。ということです・・・。

 「む~ん」・・・、結論的にはね、ワクチン接種の回数を重ねても、基本的な感染対策が必要ということになると思います(・_・)(._.)!!!。よく「ワクチン接種したから」もう大丈夫・・・、そんな感じで「開放感に浸る」方がいますが、少々見当がずれているのかも知れません。私個人的には、出来ることなら「注射はいやです(。・・)」ね!!!。早くこの感染症が、終息して欲しい・・・、そう思います!!!。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「54995人」が確認され、福岡県内で「2647人」、うち福岡市で「1026人」、北九州市で「515人」、久留米市で「166人」、その他県内で「940人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「4人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る