本文へ移動

ブログ

ブログ

メーデー

2022-05-01
 5月1日に世界各地で、行われる労働者の祭典。労働者が権利を要求するために行進や集会などを行い、団結の威力を示す。本来は、ヨーロッパの伝統的な祝祭である五月祭を意味する。

 コロナ禍に入る以前は、この「メーデー」の集会は日本全国で開催されていましたが、ここ数年はもちろん影を潜めているようでが、ことしはその「規模を縮小しての開催」も、報道されています。また日本においては、この5月1日は祭日ではありません。たまたまことしは、日曜日で休日となりましたが。

 話は変わりますが、「TBS NEWS」さんによると、マスク生活も3年目を迎えた。感染予防対策として大切であることはもちろんだが、一律にマスク着用を推奨することへのリスクを指摘する声も出てきている。その中で特に懸念されているのが「子ども」への影響だ。マスク着用による感染対策の有効性を認識したうえで、あえて子どもには一考すべきどんな危険があるのか。

 子どものマスク着用に関しては、厚労省は「保育所では二歳未満には着用推奨せず」としています。WHO世界保健機関は「原則5歳以下は適切に使用できない可能性があり、着用すべきではない」と助言しています。基準が様々で、子どもへのマスク着用を迷われる保護者は多いようです。小児科の先生方は、子どもへのマスクはやっぱり危険だという方が多くいらっしゃいます。ですので、子どもへのマスク着用のあり方は見直していかなきゃならないことじゃないかと感じています。

 具体的にどんな危険があるのでしょうか?
 子どもたちには、マスクをしていなくてはいけないというプレッシャーがあります。そんな中で、嘔吐物などが出たとしても、大人は非常に気づきにくいです。あとは、酸素が十分に取り込めないような息苦しい状況も、マスクの外から見るのではわかりにくいです。子どもはかなり動き回ります。そういう場合に、酸素が足りなくなって、苦しい状況になるっていうのは非常に危険です。ここでいう子どもとは、幼児から小学校低学年くらいのことを指しています。息苦しいなど言葉でしっかりと伝えられるか、小学校高学年と低学年とではマスク着用を適切にコントロールできるかが異なるため、リスクの度合いも変わってきます。加えて、やっぱり子どもの成長過程でですね、マスク着用のような制限があるというのは、精神面でも、顔の表情を読み取るという面でも、非常に厳しいと思います。

 でも、マスクをしないと感染リスクが高まるから不安と感じる方は多いと思います
 マスクをしたからといって感染対策に十分なのかということがあります。子どもは長時間、適切にマスクの着用をすることが非常に難しいんですね。ずれてしまうこともあります。もしそうであれば、マスクをしても、しなくても、リスクは大きく変わらないので、小さな子どもはもうマスクを外して、過ごすということでいいのではないかと思います。

 保育園、幼稚園、学校など、集団感染を防ぐまた濃厚接触者とならないためにマスクが必要との考えもあるようです。
 集団生活をしているのであれば、集団的な感染が起こるということも想定しておかなくてはならないと思うんです。その場合にもですね、子どもたちは比較的軽症で済むことがわかってきています。例えば集団で感染が起きた場合には、今までも風邪などで行っていたような、学級閉鎖などの対応策をとって子どもへの影響を少なくしていくということなんだと思います。

 マスクのおかげか、私の娘「3歳」も風邪をひきにくくなって良かったのかなとも感じていたんですが、間違いでしょうか?。
 小さい頃に、鼻風邪など流行っている感染症にかかっておくということも大事なんです。一般的には大体10歳くらいまでに様々なウィルスに感染して、免疫を獲得したほうが良いとされています。小さい頃というのは感染しやすい状況で、軽症で済むことが非常に多いです。ですので、子どもの間に、感染をして、軽症で済ましておけば、大きくなったときや、再度感染したときに重症化しない免疫を獲得しておけます。子どもがいろんな免疫を獲得しておくということは将来のために大事だということです。ということです・・・。

 確かにわたしも幼少のころは、「はしか」や「お多福風邪」、「水ぼうそう」などにかかりましたし、かぜも「たびたび」ひいていました。当時は「かぜをひいて」少々の熱があっても、とりあえず「マスク」をして、学校に行っていましたから。でもね・・・、「マスク」をするのは息苦しくて「面倒くさい」から、すぐに外していたようなそんな感じでした(・_・)(._.)。だから「クラス内」では、「あっという間(゚o゚;」に多数の生徒に感染することに( ̄0 ̄)。でもこれが問題になることもなく、あたりまえのように生活を送っていました。まぁ・・・、これはね「およそ半世紀前(^^ゞ」のことですから、現在と比較することすら無意味なことでしょうけど。このマスク論議はどれも正解なような気がして、「昨日の話」ではありませんが、私個人的にはそれを「考えれば考える」ほど、「堂堂巡り」となるのですが???。いかがなものでしょうか・・・。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「26960人」が確認され、福岡県内で「1575人」、うち福岡市で「533人」、北九州市で「352人」、久留米市で「102人」、その他県内で「588人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「2人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。終日いい天気となりそうです(^0^)。

一律のマスク着用の見直し

2022-04-30
 第6波が収束に向かい、専門家からは「一律のマスク着用を見直してもいいのでは」、という声が出ている。これを受けて、河野氏は「マスク一律着用」を解除する時期に言及。「専門家の皆様の判断を受けて、政府がこうしてくださいとお願いすることになるのではないかなと。まずは屋外でそんなに密集しないところからスタートするんではないか、と思っています」と述べた。「具体的な何がどうなれば」?という問いには、「一つは重症化を防ぐ飲み薬がまだまだ国内で数が限られてますから、これが潤沢に行き渡るようになれば、万一感染しても飲めば重症化をある程度抑えることができるということになれば、そろそろマスクをどうしようかという議論ができるんじゃないかと思います」と語る。

 ここで「ワクチンだけでは足りない」?と聞かれ、河野氏は「まずは3回目までのワクチンはぜひお願いしたいと思います」と口に。さらに「それがベースにあって、いざ感染しても飲み薬で対応できるよ、ということ。もう一つは手軽に検査ができる抗原検査キット、今はまだ1000円以上かかっちゃうと思うんですが、これが例えば100円以下にできるようになれば、キットをどんどん配って、例えば保育園に行く前にテストするとか、行事に入る前に検査するようなことができれば、その行事の中ではマスクをしなくていいですよ、ということができるようになるんじゃないかと思います」と説明した。ということです・・・。

 これはね・・・、このマスク着用というのは「強制ではなく」、「お願い」ベースであることを考えると、いくら行政側が「もうマスクはしなくてもいいです」と言っても、かなりの方は自主的にマスクを着用するのではないかと思います(・_・)(._.)。現在世界各地において、このマスクの撤廃運動が進んでいますが、いずれは日本でもこの論議がされてくるのはまちがいないと思いますが、「マスク着用」に関するトラブルが増加する懸念も・・・。マスク着用には「周囲の方にうつさない」効果もある、これを忘れないで頂きたいですね。私個人的には日常「マスクを着用」し始めてから約2年あまり、「インフルエンザ」や「かぜ」などにはかかっていません。効果はあることはもちろん実感していますが、反面最近よくいわれている「人間本来の抵抗力の低下」、これも考えなくてはいけないのかもしれません。どちらが「先に立つのか」これを考えると、またまた夜寝られなくなって(^^ゞしまうのですね・・・。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「25182人」が確認され、福岡県内で「1623人」、うち福岡市で「463人」、北九州市で「180人」、久留米市で「65人」、その他県内で「915人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「1人」となっています。あくまでも「連休中」の検体検査数での数字ですから、基本的な感染対策をよろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。

金曜と土曜に比較的集中

2022-04-29
 共同通信社によると、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の状況を曜日別に見ると、金曜と土曜に比較的集中していることが27日、政府集計の分析で判明した。発熱や腕の痛みなどが出ても、接種翌日が休みなら療養に充てられる。政府関係者は「副反応で仕事や学校を休むのを避けるため、休日の前日に打つ人が多いのではないか。まじめな国民性の表れ」と見ている。首相官邸ホームページのワクチン接種実績、「25日公表時点」のデータを分析。2月から4月24日までで、曜日ごとの接種の平均回数を見ると、最多は土曜日の「約89万回」、「金曜日が約83万回」と続く。最も少ないのは日曜日の約53万回だった。ということです・・・。

 わたしも過去「2回目と3回目」は、休日の前の日を利用しました(・_・)(._.)。理由は前述の万が一の時の休養に充てられるからで、どうしても仕事に支障が出るのが困る状況にあったためです。大方の方々の考えることは、大体いっしょですね(・_・)(._.)。ただ「まじめな国民性」かどうかは、わかりませんが(^^ゞ・・・

 それとね・・・、日清食品は、2022年4月4日に発売した「0秒チキンラーメン」について、当初の販売計画を大幅に上回り十分な供給量を確保できない状況となったため、販売を一時休止すると発表しました。「0秒チキンラーメン」は、2017年、新垣結衣さんが「0秒チキンラーメンやってみた」とお湯をかけずに袋麺をそのままかじるCMが話題となり、「そのままかじる用」に商品を新開発。麺をそのまま食べることを楽しむ顧客はいる一方、「そのままかじると、少ししょっぱい」という声もあったことから、通常の「チキンラーメン」と比べて塩分を約50%に抑え、あっさりうす味に仕上げました。希望小売価格は1食あたり111円「税別」。同社は、「今後は万全な供給体制を確立した上で、2022年7月中をめどに販売を再開できるよう、鋭意努力してまいる所存です」とコメントしています。ということです・・・。

 わたしもこの「チキンラーメン」、そのまま食べるときが「ちょくちょく」あるのですが、「0秒チキンラーメン」の存在は、知りませんでした(゚o゚;。通常の「チキンラーメン」は、食べたあとは結構「のどが渇きます」。ベビースターラーメンを買えばいいのでしょうが、チキンラーメンのほうが「お得な」感じがしまして・・・。ただね、口の中を「固いめん」でけがをすることが多々あるので、気をつけたいものです。でもね・・・、よく考えてみると、これは「ベビースターラーメン」の「パクリ」ではないかと。いやいや、「ベビースターラーメン」もうかうかしていられませんね(・_・)(._.)。強敵現わる( ̄0 ̄)。
 本日は昨日に比べ、気温がかなり低下して「肌寒く」感じました。春の気候の特徴かも知れませんが、ことしは特にこれが顕著なような気がします(・_・)(._.)。体調管理のほど、よろしくお願いいたします。

 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「36672人」が確認され、福岡県内で「2298人」、うち福岡市で「700人」、北九州市で「421人」、久留米市で「113人」、その他県内で「1064人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「6人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。いい天気となりそうです。

太陽フレア

2022-04-28
 読売新聞社さんによると、通信障害などをもたらす恐れのある太陽表面の爆発現象「太陽フレア」について、総務省の有識者会議は26日、被害想定や対策を盛り込んだ報告書案をまとめた。最悪のケースでは、一時的に携帯電話が使えなくなるほか、広域停電が発生する可能性もあると指摘し、企業や行政に注意を促す警報制度の強化が必要だと指摘した。「宇宙天気予報の高度化の在り方に関する検討会」が公表した報告書案では、100年に1回の頻度で起きるとされる大規模なフレアが、2週間連続で発生する「最悪シナリオ」を想定。携帯電話が不通になるほか、110番や119番通報がつながりにくい事態が各地で発生するとした。人工衛星に不具合が生じ、天気予報の精度の低下や全地球測位システム「GPS」の精度も低下する。位置情報には最大「数10m」のずれが生じ、カーナビゲーションにも大きな影響が出る可能性があるという。航空機は衛星測位を頼れなくなるため、世界的に運航の見合わせや減便が多発することも想定されるとした。未対策の電力設備では誤作動が起きるため、広域停電が発生する恐れがあることも指摘した。

 フレアなどの被害は、これまでにも確認されている。1989年にはカナダで、約600万人が影響を受ける大規模な停電が発生。今年2月には米宇宙関連企業「スペースX」が打ち上げた人工衛星49基のうち、40基が大気圏に突入する被害が起きている。総務省などによると、太陽の活動は「約11年周期」で活発化を繰り返している。次回の活動のピークは2025年頃に、到来すると予測されている。ただ、フレアの影響は産業界でもリスクとして十分に意識されておらず、一般向けの周知も進んでいないのが実情だ。報告書案では、太陽の活動状況に関する予報や、情報発信の強化を盛り込んだ。総務省が所管する「情報通信研究機構(NICT)」が現在も警報を出しているが、ウェブサイトやメール配信以外にも手段の多様化を進めるべきだと指摘した。NICTに「宇宙天気予報オペレーションセンター(仮称)」を設置し、太陽の活動で起きる「宇宙天気現象」を予測する力を強化するよう求めた。専門知識を持つ人材の育成や、「宇宙天気予報士」制度の創設も掲げた。ということです・・・。

 太陽フレアとは、太陽の表面に黒く見える「黒点」周辺で起こる大規模な爆発。電気を帯びた粒子を含む高温ガスや強いX線などが放出される。この影響で地球周辺の磁気が乱され、通信障害や人工衛星の故障などが生じる可能性がある状態のことです。

 む~ん、わたしには「難しすぎて( ̄0 ̄)」よくわかりませんが、地磁気が狂ってしまうのですかね(^^ゞ。「宇宙天気予報士」さんが早く誕生して、頑張って頂きたい_(._.)_、そう思います!!!。「ひこ~き」が落ちたら、大変なことになりますから( ̄0 ̄)。

 あしたからは「ゴールデンウィーク」ですが、当社においても5月8日まで休業」ということになります。わたしは5月2日と6日は平常通りの仕事の予定です(・_・)(._.)。官公庁は基本暦通りの業務ですからね、対応が必要となりますから致し方ありません・・・。現地の確認の際の移動は、退屈でたまりません( ̄0 ̄)。オマケに「大型連休中」は、「渋滞も予想(。・・)」されますから。誰かいっしょに「お供」してくれる方、いないですかね。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「41756人」が確認され、福岡県内で「2376人」、うち福岡市で「805人」、北九州市で「474人」、久留米市で「144人」、その他県内で「953人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「2人」となっています。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。午前中はね、かなりの雨となりそうです(・_・)(._.)。その後の連休中は、大きな天気の崩れはなさそうなので、九州各地さまざまな場所で交通渋滞や混雑が予想されますね。安全運転のほど、よろしくお願いいたします。

ナンパ族取り締まり路線???

2022-04-27
 J-CASTニュースさんによると、埼玉県熊谷市の熊谷駅南口エリアには、「ナンパ族取り締まり路線」と書かれた看板がある。左下には「熊谷警察署」との署名があるが、具体的な取り締まりの内容に関する記述はない。「ツイッター上」では、たびたび「ナンパ族って何だ」?といった形で、独特な雰囲気の看板として取り上げられている。

 インターネットコンテンツを制作している会社「ルックバイス」(宮城県仙台市)は、若者言葉や死語を紹介するサイト「日本語俗語辞書」を運営している。そこには「ナンパ族」も登録されている。ナンパ族とは異性との出会いを目的に大型施設周辺、駅前などの有名スポットに集まる集団のことで、多くは車で集まるために、1980年代後半には「近隣住民にとっての騒音問題として話題になった」とのことだ。

 さて「ナンパ族取り締まり路線」の看板は、熊谷駅南口から南西250メートルほどに位置する「熊谷市立文化センタープラネタリウム館」の、西側の道路に設けられている。J-CASTトレンドは熊谷警察署の交通課長に取材した。話によると、この看板の先の道路には一部区間で交通規制がかかっている。対象は「プラネタリウム館」北西の角にある信号機から、南側の荒川の土手にかけての約150メートルの直線と、同じ信号機より西に進んで1つめの信号から、南方向にある「荒川公園」までの約70メートルの区間だ。金曜日と土曜日、そして休日前夜でそれぞれ23時から翌午前5時にかけ車両が通行禁止となっている。通行止めは「近隣住民の生活環境を保護する」ことを目的として、平成11「1999年7月28日」に埼玉県公安委員会によって意思決定がなされ、施行された。看板も同じ時期に設置されたと考えられるが、他に「ナンパ族取り締まり路線」の看板に関する資料は見当たらないという。

 当時は「ナンパ族」と呼ばれ、夜間に自動車で乗りつけてナンパ行為をしたり、騒音を発したりする者がいたと思われるとのことだ。把握している限り、看板は先述の「プラネタリウム館」付近に2つ設置されている。現在も市内では駐車違反や暴走族に関する報告はあるが、「ナンパ族」という語句を用いての通報は寄せられていないという。そんな「ナンパ族取り締まり路線」の看板は、現状必要性が薄いことから撤去をする方向で進んでいるという。通行止め処置を廃止するかも含め、近隣住民の意見や要望を聞いて検討していくとした。ということです・・・。

 これはね・・・、現在の若者「少なくとも20代や30代」の方々は、ご存じないかな???、そう思います!!!。わたしが20代前半のころは、小倉駅の南口の「ロータリー」には土曜日の夜には、この「ナンパ族」が続々詰めかけ、同年代と思われる「女性」を「引っかける」・・・、いや「お誘いする(^^ゞ」という行為は日常茶飯事的なことと記憶しています。現代風で申しますと、「肉食系男子」であります・・・。言いかえれば「弱肉強食」の世界で、けんかに弱い男は「とうたされる」ということですね(・_・)(._.)。わたしの友人の中には、この「ナンパ行為」がきっかけで、結婚した方も居ますから、人生わからないものです!!!。今においては、とても考えられない行動ではありますが、当時は「あたりまえ」のように「はやって」いたのは事実です。ここ近年「若者の車離れ」ということばをよく耳にしますが、わたしたちの世代ではこの車という「アイテム」は必需品でした。これがないと、「ナンパ」にも行くことが出来ませんからね。でもね・・・、さすがに「ナンパ族取り締まり路線」とかいう看板は、わたしの地元「北九州市」では、見たことがありませんでしたね(・_・)(._.)。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、全国で「46267人」が確認され、福岡県内で「2562人」、うち福岡市で「1009人」、北九州市で「560人」、久留米市で「176人」、その他県内で「817人」、ということです・・・。また「死亡者」は、「4人」となっています。基本的な感染対策を、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。あしたもいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る