本文へ移動

ブログ

ブログ

小石原川ダム

2021-10-05
 ダム湖の名称は、「令和あさくら湖」ということです・・・。
 昭和56年からの、ダム建設に対する調査開始からの流れが掲示されていました。なかでも印象に残る事項として、民主党政権になったときの、「いきさつ無視」の事業計画中止の決定・・・、ダム建設による水没予定の、住民の方の心情を考えると、「あってはならないこと」(--#)!!!、そう思います!!!。
 ダム湖は、まだ満水状態には「ほど遠い状態」だと思います。湖面の色彩も「濁りがあり」、まさに完成したばかりという感じですね・・・。
 堤体上の道路幅も、「類をみないくらい」幅員があります(゚o゚;・・・。現在のところ、車輌は通行止です。両端の「カラー舗装」、わたし個人的は「好印象」でした。
 駐車場を出て、帰路へと向かいます。つくづく思いますが、この「小石原川ダム」周辺だけは、国道500号線も快適な道路になりました・・・。
 ダム湖に沿ってひとときの間、「快適なドライブ」が満喫できます(^0^)!!!。
 しか~し( ̄0 ̄)・・・、数分後には従来の旧道と合流し、酷道の様相を呈することとなります(。・・)。
 む~ん、軽自動車との離合にも神経を使う・・・、多数の「ブラインドコーナー」など、まさに酷道ですね( ̄0 ̄)・・・。路肩の「側溝」は、要注意です。特に夜間は鹿などの動物が、道路の中央で「休憩タイム」(^^ゞ・・・、そんな道路ですから、十分な注意が必要ですよ(・_・)(._.)・・・。わたしは過去にこの道路で、三度ほどこの鹿さんと「衝突」しそうになりましたから・・・、経験上とくに「降雨時」は、要注意です。
 ここまで来れば、一安心です・・・。小石原の交差点を左折し、JR九州の「旧彦山駅」まえを通過して、北九州市へと向かいます。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、福岡県内で「22人」、福岡市で「14人」、北九州市で「2人」、ということです・・・。

 それでは、(-_-)zzzなさい。明日もいい日でありますように・・・。

小石原川ダム

2021-10-04
 それではお目当ての、このほど竣工したばかりの「小石原川ダム」へと向かいます・・・。国道(酷道)500号線は、江川ダムから起点側(北九州市)に向かうと、旧国道は「小石原川ダム」建設の影響で「水没した区間がある」ため、建設された小石原ダムに沿って「付け替え」されています。もちろん「快適」な道路と変身していますから・・・、この区間においては従来の「酷道」のイメージは「皆無」となっていました(*^o^*)。
 すぐに新設された「江川東部トンネル」という、かなり「大ざっぱ」な名称のトンネルがあります。
 トンネルを抜けるとすぐに、新設された江川大橋を渡ります。もちろんこの下には、上秋月湖があります。写真中央左には、小石原川ダムの堤体が確認できます。
 左側の、「いったんもめん」みたいな(゚-゚)・・・、いったいなんでしょうかね?。
 程なく、小石原川ダムに到着です。
 総事業費1,960億円、堤長550m、堤高139mの「3層構造のロックフィルダム」形式の小石原川ダムです。堤高は、九州一。貯水量は、すぐ下流側に位置する「江川ダム」の約2倍、ということです。本体工事は平成28年4月に始まり、ことしの3月に竣工しています。
 む~ん、実にいい景色であります(゚o゚;・・・。写真中央には、わずかではありますが、「江川ダム」の湖面が確認できます。旧国道500号線は位置関係から考えると、この谷間を縫うように走っていたものと思われます。以前はわたしもこの旧国道(酷道)は、頻繁に通行していました。
 これだけ巨大な構造物ですから、隣接する地山の「法面成形」もたいへんなことだったと想像できます!!!。来る途中には、降雨により崩壊した箇所が見受けられましたが、法面が安定するまでには数年かかることと思います。維持管理がたいへんですね。
 導流壁です。まだ水は流れていません・・・。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、福岡県内で「19人」、福岡市で「5人」、北九州市で「2人」、ということです・・・。休み明けの数字なので、あまり楽観視は出来ませんが・・・。

 それでは、(-_-)zzzなさい。明日もいい日でありますように・・・。

江川ダム

2021-10-03
 本日はほんとうに、いい天候となりました・・・。日中は10月上旬としては、少々暑い(~Q~;)気温となったようですが、朝晩はそれなりの気温ということで・・・、秋を感じる季節になってきました!!!。わたしは朝一番で、朝倉市の顧客に用件がありまして、帰りは「急ぐこともなかった」ので、久々に最近竣工した「小石原川ダム」経由で帰ることにした次第です。
 旧甘木市から、国道322号を起点側(北九州市)に向かって進みます。
 国道322号線の長谷山の交差点を右折し、国道500号線に・・・。
 国道500号線を、添田方面に向かいます。
 しばらく進むと、「江川ダム」に到着です。
 せっかくですから、少し「立寄って」みることに・・・。江川ダムは、「独立行政法人水資源機構」両筑平野用水総合事業所が管理するダムで、1972年に竣工しています。福岡都市圏や久留米市をはじめとする、両筑平野の水道用水、農業用水の水源として建設された高さ79.2mの「重力式のコンクリートダム」です。多目的ダムではありますが、治水目的のダムではありません。
 ダムにより形成される「人造湖」は上秋月湖といわれ、2005年に「ダム湖100選」に選ばれています。
 本日の「有効貯水量」は、22,363,000m3ということで、貯水率は93.2%となっています。ほぼ満水の状態ですね・・・。それにしても、緑がたいへん美しい「ダム湖」です。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、
10月2日が、福岡県内で「39人」、福岡市で「11人」、北九州市で「  4人
10月3日が、福岡県内で「45人」、福岡市で「12人」、北九州市で「13人」、ということです・・・。

 朝晩の寒暖差が、大きくなっています。体調管理のほど、よろしくお願いいたします。それでは、(-_-)zzzなさい。明日もいい日でありますように・・・。

令和3年度全国労働衛生週間

2021-10-01
 本日から10月7日まで、全国労働衛生週間となります。今回のスローガンは、「向き合おう! こころとからだの 健康管理」、ということです・・・。また今回は新型コロナ感染症の、さらなる感染防止徹底のため、副スローガンとして、「うつらぬうつさぬルールとともに みんなで守る健康職場」も設けられています。
 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・福岡県内で「40人」、福岡市で「8人」、北九州市で「10人」、ということです・・・。まだまだ残暑が続きそうなので、体調管理のほど、よろしくお願いいたします。

 それでは、(-_-)zzzなさい。明日もいい日でありますように・・・。

遠賀川の源流

2021-09-30
 数年前のことですが、「国道211号線」を田川地区から小石原方面に向かう途中に、「嘉麻峠」の頂上付近に、「遠賀川源流の地」という広場を見つけまして・・・、思わず立寄ってみた次第です(・_・)(._.)。
 「遠賀川」は、北九州地区に住んでいて、知らないという方はいないと思います(・_・)(._.)。でもね・・・、「遠賀川」と呼ばれるようになったのは、石炭輸送が盛んになった明治20年代後半、ということですので以外に最近なんです。それ以前は「直方川」と、呼ばれていたようです。延長61km、源流は福岡県嘉麻市の馬見山(標高978m)にあります。
 この「遠賀川源流公園」から、約300mほど遊歩道を登ったところに「源流」があるらしいのですが・・・、自然災害の影響ですかね?、「通行止」のようでした。
 遠賀川流域の、観光情報掲示板もありました。
 この遠賀川も、過去に水害が発生した経緯があるようですが、ここ最近の災害としては、2003年に「集中豪雨」により「河川がはんらん」したということです・・・。この時飯塚市の被害が大きく、「嘉穂劇場」が甚大な被害を受けたのは、記憶にある方も多いと思います。

 さてさて・・・、新型コロナ感染症の新規感染者数・・・、

9月29日・・・、福岡県内で「43人」、福岡市で「14人」、北九州市で「  8人」、
9月30日・・・、福岡県内で「35人」、福岡市で「14人」、北九州市で「  7人」、ということです・・・。

 それでは、(-_-)zzzなさい。明日もいい日でありますように・・・。
TOPへ戻る